• 交通アクセス
  • 個人情報について
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
    文字サイズ[標準]
    文字サイズ[大きく]

[電話]045-825-2111救急受付 救急患者さまは24時間受付

薬剤部

薬剤部のご紹介

当院薬剤部は常勤薬剤師21名、非常勤薬剤師3名、事務1名で構成されています。

調剤業務、製剤業務、外来関連業務、病棟業務を通じて、「薬剤及び薬剤情報の適正使用と適正管理を行うことで、より良い医療に貢献すること」、また「病院内で患者・患者家族・他職種から気軽に相談される(=信頼される)薬剤師になること」を薬剤部のミッションと掲げ、患者様が安全で効果的な薬物治療が受けられるよう全員が一丸となって日々精進しています。

当院薬剤部では日々の業務から個々の薬剤師のスキルアップを目指しています。常勤薬剤師全員が病棟を担当し、その他の全ての業務をシフト制で対応し、全員が全ての業務を行える環境作りを行っています。


業務の紹介

内服薬・外用薬・注射薬の調剤業務

入院患者様の全ての薬剤はオーダリングシステムによって処方せんが薬剤部に送られます。薬剤師は処方せんに基づき、内服薬の計数調剤及びオーダリングと連動の全自動分包機によって一包化調剤を行っています。散剤もオーダリング連動の監査システムに従って調剤しています。注射調剤は点滴(輸液)やアンプル・バイアルなどを個人ごとに取り揃えて調剤しています。調剤の際には処方せんの記載内容や投与量、投与経路、投与期間、相互作用などの確認を行い、処方内容に問題がないか詳細に確認します。また、薬剤の配合変化や安定性を考慮の上調剤を行い、処方ごとに薬剤師が複数回のチェックをして、より正確な調剤に努めています。


外来関連業務

当院薬剤部では入院患者様だけでなく、外来患者様への関わりも持っています。その内容としてはまず全ての院外処方せんの鑑査と保険薬局からの疑義照会対応業務があります。院内の薬剤師が院外処方せんを鑑査することで、処方せんの記載漏れや内容確認ができ、患者様の薬局での待ち時間軽減につながっています。また外来処方せんを監査することや、疑義照会を受けることで院内採用薬以外の薬剤についても薬学的な知識が広がります。

その他、入院予約が決まった患者様の内服薬の確認を行っています。検査や手術のための入院の際に事前に服用を中止しなければならない薬剤の確認などを行います。


外来化学療法

外来化学療法を受けている患者様の抗がん剤の調整、化学療法のレジメン(投薬計画)管理や患者様毎の抗がん剤投与管理、副作用のモニタリングや服薬指導を行い、患者様が安全な化学療法を受けられるよう支援しています。抗がん剤の構成には安全キャビネットや閉鎖式システムを使用し、医療従事者の曝露対策にも取り組んでいます。


病棟業務

全病棟に薬剤師が常駐しています。病棟担当薬剤師は全入院患者の持参薬の鑑別・管理や薬歴の管理、病棟で間違いのない投薬ができるよう処方薬、持参薬を薬剤配薬車にセット、病棟定数薬の補充などの管理を行っています。カルテや医師、看護師からの患者様の治療に関する情報を得て、患者様と直接面談し、コンプライアンスの確認や副作用のモニタリングを行い、医師へ積極的な処方提案も行っています。抗MRSAが処方された場合は薬物血中濃度モニタリング(TDM)を行い、血中濃度をもとに血中濃度の推移を予測し、有効治療域に血中濃度を保つように薬物投与量、投与間隔を医師に提案しています。このように、病棟では医師、看護師、他の医療スタッフと共にチーム医療の一端を担い、患者様の有効で安全な薬物治療の支援を行っています。


医薬品管理業務

院内全ての部門の薬剤の期限管理、在庫管理を行い、常に適正な薬剤が提供できるよう努めています。また、麻薬や血液製剤については、使用した患者ごとに、投与量及び残量を帳簿に記録しています。向精神薬、毒薬の在庫管理も行っています。


医薬品情報管理(DI)業務

薬剤の適正使用のために、多くの書籍やインターネット、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工し、医療関係者に提供しています。同時に医師や看護師、患者からの薬剤に質問への対応を行っています。定期的な病棟担当者とのカンファレンスにおいて院内で発生した副作用報告や薬物治療に関する助言を行っています。また、副作用情報を集約し、厚生労働省や製薬企業への報告も行っています。


チーム医療と各種委員会および院内ラウンドへの参加

安全巡視ラウンド、NST(Nutrition Support Team)回診、褥瘡回診、ICT(Infection Control Team)ラウンドなどに同行し、薬剤師としての観点からの提案や助言を行っています。その他、院内の多くの委員会の委員として、病院全体への関わりを強く持っています。


研修・教育

院内、薬剤部内勉強会や新薬のヒアリングなど勉強の機会を多く設けています。外部(製薬企業、病院薬剤師会等)の研修会にも積極的に参加しています。また各種学会にも積極的に参加し、発表のための調査研究も行っています。認定・専門薬剤師資格取得のため、新人、中堅管理職のスキルアップのためのIMSグループ内の研修会の機会も多く、高いスキルを持った薬剤師育成に力を入れています。

診療科のご案内
内科
循環器科
泌尿器科
人工透析内科
外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
形成外科
眼科
放射線科
救急科
人工関節センター
健康診断

救急外来(夜間・休日診察)

受付時間のご案内

平日 午前 8:00~11:45
午後 1:00~4:00
土曜 午前 8:00~11:45

眼科

月~水 8:00~11:00
木~土 8:00~11:30

形成外科

月・火・木 午後 1:00~4:00

皮膚科

水・金 午後 1:00~4:00

診療時間のご案内

平日 午前 8:45~
午後 2:00~
土曜 午前 8:45~

面会時間のご案内

平日 午後2:00〜8:00
土曜 午後2:00〜8:00
日・祝 午前11:00〜午後8:00

HCU

平日・土日祝 午後2:00~午後4:00
  • ※未就学児の面会はご遠慮願います。
  • ※面会時は必ずマスクの着用をお願いします。
  • 手術を受けられる方へ
  • お見舞いメール 
  • 各種健診WEB予約
  • 東戸塚記念病院 看護部ホームページ
  • フォトギャラリー
受付時間・診察時間・面会時間のご案内
受付時間・診察時間・面会時間のご案内

医療法人財団 明理会「東戸塚記念病院」

244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町548-7  [TEL]045-825-2111(代)  [FAX]045-824-8817

© HIGASHI  TOTSUKA  MEMORIAL  HOSPITAL.  ALL  RIGHTS  RESERVED.