重要なお知らせ

令和元年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 119 102 138 278 415 641 1360 1948 784
平成31年4月1日から令和2年3月31日までに退院した患者さまについて年齢別に集計しました。
当院では、高齢者(70歳以上)の患者さまが全体の約7割を占めており、
中でも高齢者に多い整形外科における骨折の手術は、全国でも上位となる件数を維持しています。
また、令和元年度の救急車受入台数は8,520台、紹介患者数は7,279人と高水準を保っており、
「断らない医療、地域住民・地域医療機関と密着した医療の提供」を行うことが出来ていると自負しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 219 29.78 20.84 20.55% 85.69
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 116 2.29 2.63 0.00% 68.96
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 61 11.10 9.79 6.56% 77.31
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 52 21.46 12.58 7.69% 83.81
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 47 9.00 7.65 4.26% 71.30
当院の内科では、高齢者に多く発症する肺炎の治療件数が大多数を占めています。
その他腎疾患、胆管・胆嚢疾患など幅広く対応を可能としており、24時間365日対応可能な状態を維持しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 62 6.37 4.85 0.00% 70.32
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 34 8.00 7.13 0.00% 58.38
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 31 6.68 5.45 0.00% 41.13
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 24 6.88 6.94 8.33% 41.17
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 20 9.65 7.65 0.00% 45.30
当院の外科では、虫垂炎や腸閉塞の患者さまを多く受け入れています。
その他、大腸がんなどの手術等、消化器疾患において広く対応し、非侵襲性の治療も多く行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 472 26.55 25.94 38.98% 83.50
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 189 3.43 5.54 1.06% 58.28
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 124 21.31 19.40 17.74% 82.13
160690xx02xxxx 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 経皮的椎体形成術 113 22.69 18.36 33.63% 81.46
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿等 75 9.27 15.09 1.33% 70.59
当院の整形外科では、年間手術件数約2,000件と多くの手術適応症例を対応しています。
特に高齢者に多いとされる大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折、上腕骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折の患者さまの診療に携わっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 51 7.67 9.67 1.96% 74.25
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 46 20.37 16.13 36.96% 74.50
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 42 9.33 7.34 4.76% 73.48
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 30 28.10 18.81 36.67% 72.57
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 13.30 7.10 10.00% 71.15
当院の脳神経外科では、頭部外傷や脳梗塞をはじめとした様々な脳疾患に対応しており、重症度に関わらず救急搬送を受け入れ、24時間365日対応可能とすることで「より早く、より安全に、断らない医療」を実践しています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 5 12.55
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) その他の手術あり 処置1なし 4 4.67
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 処置1なし 3 5.81
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 2 6.39
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 処置2あり 2 35.11
当院の形成外科では、帯状疱疹をはじめとした幅広い疾患に対応をしています。
入院・外来共に多くの症例件数・手術を施行しています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 47 3.13 4.40 0.00% 70.83
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 43 3.26 3.01 4.65% 71.05
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 29.87 17.71 17.39% 80.74
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし 15 13.27 10.80 0.00% 80.80
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2 なし 15 2.93 11.84 0.00% 75.33
当院の循環器内科では、狭心症のカテーテル検査やステント治療などの症例が大多数を占めています。
緊急でのカテーテル検査及びステント治療も行っており、救急患者の対応にも力を入れています。


泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 42 17.33 12.58 2.38% 80.24
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病なし 39 5.03 7.38 5.13% 79.56
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 定義副傷病なし 39 2.03 2.49 0.00% 71.92
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 37 7.30 7.07 0.00% 77.59
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 処置2_3あり 26 37.96 38.85 3.85% 83.35
当院の泌尿器科では、膀胱腫瘍に対する症例を多く対応しています。
その他、腎疾患等の敗血症の重症患者も多く受け入れを行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 38 0 1 7
大腸癌 0 0 2 0 111 2 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 0 1 16 1 1 7
肝癌 0 0 0 0 2 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での、がん患者さまのステージ・再発別の症例数を表したものです。
◎がんの診断・初回治療を「初発」としてステージ分類ごとに分け、初回治療以降の入院患者さまを「再発」としています。
◎UICCとは、国際対がん連合のことを指し、がんの浸潤度やリンパ節への転移、遠隔転移などによりステージ分類を決定します。

当院では、初発でのがん治療に積極的に努めています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 46 22.61 82.07
中等症 156 26.54 80.63
重症 29 27.28 81.23
超重症 20 40.20 85.65
不明 0 0.00 0.00
◎15歳以上の肺炎で入院した患者さまのデータを使用しています。
◎重症度分類とは、市中肺炎ガイドラインによる分類システム(A-dropスコア)を用いています。なお、下記の項目にひとつでも不明の項目があると「不明」と分類されます。
・Age(年齢):男性(70歳以上) 女性(75歳以上)
・Dehydration(脱水):BUN21mg/dl以上又は脱水有
・Respiration(呼吸):SpO2≦90%
・Orientation(意識障害):意識障害有
・Pressure(収縮期血圧):収縮期血圧 90mmHg以下

軽症とは上記5つの指標のいずれも満たしていないもの、中等症とは上記指標の1つまたは2つを有するもの
重症とは上記指標の3つを有するもの、超重症とは上記指標の4つまたは5つを有するものになります。

肺炎で入院される患者さまは高齢の方が多く、高齢になるほど重症度も上がり、平均在院日数が長期化する傾向となっております。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 161 25.78 77.06 30.54%
その他 6 17.83 77.00 1.20%
◎発症日からの日数別に平均在院日数、平均年齢、転院率を表しています。

脳梗塞は緊急性が高く、救急搬送での受け入れを多く行っています。
当院では、t-PA療法(血栓溶解療法)や血栓回収術が施行でき、早期の治療を行うことで、後遺症を出来るだけ残さないよう、治療を行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 122 0.51 1.88 0.00% 69.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 70 3.84 15.99 15.71% 78.70
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 45 16.47 40.76 40.00% 80.24
K654 内視鏡的消化管止血術 43 4.02 22.88 18.60% 76.72
K610-3 内シャント設置術 26 7.73 22.00 23.08% 74.31
当院の内科では、胆道へのステント留置や内視鏡による大腸ポリープ・粘膜切除術、胃・十二指腸の止血術を多く行っています。中でも緊急性の比較的高い胆道へのステント留置や内視鏡的消化管止血術は緊急手術にも対応しており、より重症の患者さまの受け入れを積極的に行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 4.32 5.88 0.00% 59.44
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.35 3.18 0.00% 67.47
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 32 1.31 4.75 0.00% 41.44
K6335 鼠径ヘルニア手術 28 2.57 3.82 0.00% 73.79
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 22 16.73 39.82 13.64% 79.09
当院の外科では、腹腔鏡による手術件数が多いことが特徴です。
腹腔鏡下手術のメリットは開腹手術と比較すると、小さな傷で済み、術後の回復が早いことで入院期間も短縮し、早期の社会復帰が可能となることであり、患者さまにとってより良い医療の提供を常に心がけています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)、(上腕)、(肩甲骨) 370 2.97 17.09 26.76% 79.49
K0462 骨折観血的手術(前腕)、(下腿)、(手舟状骨) 221 1.99 5.94 5.88% 59.71
K0811 人工骨頭挿入術(股)、(肩) 164 3.64 22.70 37.80% 86.36
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)、(下腿) 138 1.21 1.40 0.00% 50.69
K142-4 経皮的椎体形成術 127 8.13 14.43 32.28% 81.54
当院の整形外科では、多くの手術を行っており、豊富な治療実績を有しています。
また、クリニカルパスを導入することで、早期治療による早期回復に努めており、受傷前の生活に近づけられるよう、チーム医療にてより良い医療を提供しています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 40 1.00 1.15 0.00% 70.60
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 16 0.88 1.00 0.00% 75.75
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 10 1.00 1.00 0.00% 72.20
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 8 3.63 9.75 0.00% 81.38
K597-2 ペースメーカー交換術 8 1.00 9.38 0.00% 81.75
当院の循環器内科では、狭心症等の虚血性心疾患に対する手術件数が多くを占めています。
緊急での手術も対応可能であり、また、クリニカルパスを用いることで手術の予定を事前に決定し、患者さまにとって分かりやすい医療の提供が出来ると同時に、術前・術後の平均在院日数を安定的に保つことが出来ています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 0.65 12.13 5.00% 78.35
K178-4 経皮的脳血栓回収術 27 1.52 24.15 33.33% 78.37
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 14 8.29 10.14 14.29% 77.36
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.36 48.18 54.55% 67.45
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 7 1.29 24.57 14.29% 64.57
当院の脳神経外科では、緊急性の高い様々な頭部疾患を受け入れており、中でも頭部外傷後等の慢性硬膜下血腫の手術やくも膜下出血に対する手術件数が多くを占めています。
また、救急搬送を断らず、早期治療を行い、術後にリハビリテーション等を積極的に行うことによって、受傷前の状態へ近づけられるように努力しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 62 0.53 32.45 4.84% 80.03
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 56 1.71 3.04 3.57% 79.79
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 31 1.52 7.35 0.00% 77.55
K805 膀胱瘻造設術 17 1.59 17.59 11.76% 81.41
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 4.69 8.94 68.75% 73.00
当院の泌尿器科で行っている膀胱悪性腫瘍手術は、開腹手術と比較し身体的負担(侵襲)が少ないことが特長です。
患者さまのライフスタイルを考え、クリニカルパスを用いることにより平均在院日数の短縮や安定につながり、「見える医療」にも努めています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02%
異なる 9 0.16%
180010 敗血症 同一 39 0.67%
異なる 46 0.79%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 3 0.05%
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 1.12%
異なる 0 0.00%
医療の質に資するため、臨床上、症例数ゼロ件にはなり得ませんが、少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である上記4疾患について、入院契機病名の同一性の有無を比較して症例数と発症率を示しています。

更新履歴

2020年9月25日
作成

東戸塚記念病院について