• 交通アクセス
  • 個人情報について
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
    文字サイズ[標準]
    文字サイズ[大きく]

[電話]045-825-2111救急受付 救急患者さまは24時間受付

東戸塚記念病院ホーム > 東戸塚記念病院について > 平成27年度 東戸塚記念病院 病院指標

平成27年度 東戸塚記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 24 126 135 191 358 448 813 1429 1795 668

※平成27年4月1日から平成28年3月31日までに退院した患者様について10歳刻みで集計しました。
当院は骨折に対する手術件数が全国でも上位の件数等、整形外科が強みであり、80歳代の患者様が1795人、70歳代の患者様が1429人と高齢者の占める割合が多くなっています。
当院の2次医療圏である横浜西部医療圏は高齢化率22%に上るので、地域の方々のニーズに答える事ができ、より多くの患者様にご利用いただいていることが表れています。
救急体制にも力を入れており、救急車受入台数年間7000台を上回っている状況です。
当院の基本理念である【地域住民に必要とされる病院】の実践が行えていると感じます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード


内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし副傷病なし 259 27.17 21.69 15.3% 84.6
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 手術・処置等2なし 171 17.14 14.34 9.4% 76.1
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 61 19.89 12.60 3.3% 81.8

平成27年度日本の死亡原因第3位が肺炎となっていますが、当院の内科では上記の通り、トップ2を肺炎が占めています。
肺炎の患者様は高齢の方が多く、独歩で外来受診される方、他院より紹介された方、救急車で来られた方などに対して対応可能な状態を常に維持しています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 26 9.77 7.91 3.8% 58.3
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 25 5.92 5.56 0% 44.8
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 25 6.44 6.72 0% 45.8

救急車の受入が多く、急性期疾患の対応も多く受け入れています。急性虫垂炎は特に多く運ばれ、当院の治療方針はただ外科的手術を行うのではなく、患者様に合わせた治療を行うことを心がけています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 365 25.08 29.37 27.8% 82.2
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 150 3.23 5.70 0.6% 55
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 126 22.83 21.52 13.1% 81.6

当院の整形外科は平成26年度の大腿骨骨折の手術症例数が全国1位であり、平成27年度の症例数も365件と多くの手術適応患者様を受け入れています。
また、豊富な治療実績から、患者様の平均在院日数も全国平均と比べ、4日間も短く、患者様の負担軽減に力を入れています。
その他の外傷系疾患に関しても100症例を超える等、積極的な治療を行っています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 11.84 10.02 6.5% 75.7
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 4.93 7.52 3.1% 63.0
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 58 3.88 5.51 0% 67.9

当院の脳神経外科は頭部外傷やめまいの症例数が多くなっています。
その理由は救急搬送を積極的に受け入れ、重症度を問わず断らない医療を実践しているからです。
外傷性疾患や脳梗塞などの治療を24時間365日常に対応することが出来ます。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 22 7.68 8.97 0% 67.1
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 8.80 11.97 0% 89.6
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - 4.00 6.14 0% 73.5

当院の形成外科は帯状疱疹、急性膿皮症等、数多くの疾患に対して治療をしています。
昨年度の手術症例件数は皮膚癌に対する日帰り手術、深い熱傷に対する植皮術等、入院患者様、外来患者様合わせて714件と数多くの手術を施行しています。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 3.45 3.07 0%
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 42 3.69 4.87 0%
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 18.48 18.30 3.3%

当院の循環器内科は狭心症でのカテーテル検査や虚血性心疾患の症例が多いです。
またクリニカルパスを使用することで、在院日数の短縮に努めており、全国平均と比較して平均在院日数が短い日数で退院されています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 7.88 7.59 0% 82.4
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 10.38 10.25 0% 78.2
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 13 11.77 14.09 8.3% 78.6

 当院の泌尿器科は常勤医師1名と少数体制でありますが膀胱腫瘍に対しての経尿道的手術がトップになり、トップ3全てが手術症例となるなど、泌尿器疾患の手術症例増加に力を入れています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 4 1 4 0 21 UICC TNM分類 第7版
大腸癌 3 14 9 24 0 30 UICC TNM分類 第7版
乳癌 1 0 0 0 0 0 UICC TNM分類 第7版
肺癌 0 0 2 7 2 18 UICC TNM分類 第7版
肝癌 0 0 2 1 0 1 UICC TNM分類 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

がん患者様のステージ・再発別の症例数を集計したものです。

◎癌の診断初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに分け、初回治療以降の入院患者様を「再発」として集計しています。

◎UICCとはUnio Internationalis Contra Cancrumの頭文字をとっていて、国際対がん連合のことを指しています。

最新のがん統計罹患数部位別順位では大腸癌が1位となっており、大腸癌と新たに診断される人が多くなっていますが、当院でも大腸癌のステージ分類Ⅳと診断される患者様が一番多く、進行がんの治療に積極的に努めております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 36 12.4 51.7
重症度 1 90 21.6 83.4
重症度 2 80 80.9 26.1
重症度 3 31 86.1 30.9
重症度 4 6 80.3 56.8
重症度 5 5 17.0 87.8
不明 20 27.4 83.5

◎解説
※15歳以上の患者様のデータを使用しています。
※重症度分類は市中肺炎ガイドラインによる分類システム(A-DROPスコア)というもの用いています。
  なお下記の項目に一つでも不明の項目があると「不明」と分類します

  Age(年齢)          男性70歳以上  女性75歳以上
  Dehydration(脱水)    BUN21mg/dl以上又は脱水有
  Respiration         SpO2≦90%
  Orientation(意識障害)  意識障害有
  Pressure(収縮期血圧)  収縮期血圧90 mmHg以下

症例数では中等度の患者様が一番多く、全体の63%を占めています。
平均年齢を見るとご高齢の患者様が多く、横浜西部地区の地域性が反映している様子です。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 5 70.5 0
その他 1 6 73 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0
その他 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 169 28.4 77 21.9%
その他 10 28.8 79.8 20%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 16 14.4 72.4 0
その他 26 9.4 74.8 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0
その他 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0
その他 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0
その他 0

◎定義 
発症日からの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
※ICDとは死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO)によって公表された分類の事を指します。

患者様の8割近くが脳梗塞の症例となります。発症からの診察開始日数に関しても7割近い患者様を3日以内に治療の開始が出来ております。救急車による来院が多く、緊急性の高い患者様が来院されているのも要因の一つといえます。
当院ではt-PA療法(血栓溶解療法)を施行することが出来、早期の治療、リハビリへ繋ぐことでできる限り後遺症を残さないよう、患者様の視点に立った治療を行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 84 0.9 1.3 0% 63.8
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 55 17 25.3 63.6% 80.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 4.1 19.6 17.8% 79.6

当院の内科は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が一番多い症例となります。
内視鏡検査を積極的に行い、癌のリスクとなるポリープの切除を行っています。
また胆道系疾患にも力を入れており、内科的な消化器疾患の手術を対応しています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 40 2.6 4.6 0% 73
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.9 4.4 0% 59.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 22 1 2.8 0% 58.9

当院の外科は消化器系の癌と腹腔鏡下における手術症例件数が多いことが特徴です。
腹腔鏡下手術は開腹手術と比較して術後の痛みが軽減され、傷が目立たず、術後の回復が早くなり、術後の日数も短く、早期の社会復帰が可能です。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 39 1.8 2.5 0% 70.6
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 18 7.6 19.3 0% 80.2
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 1 1.9 0% 74.7

当院の循環器内科は狭心症や虚血性心疾患に対する手術症例件数が多いです。
またクリニカルパスを使用することで手術日程をあらかじめ決定することができ、術前・術後の在院日数を安定的に保つことが出来ています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 239 2.0 21.6 26.4% 81.3
K0462 骨折観血的手術(前腕) 167 1.3 2.3 3.0% 63.0
K0811 人工骨頭挿入術(股) 161 2.3 22.6 30.4% 82.3

当院の整形外科は平成26年度の大腿骨骨折手術症例数は全国1位、前腕骨骨折手術症例数は全国2位と多くの手術を行っており、豊富な治療実績を残しています。
また、クリニカルパスの種類も豊富で在院日数の短縮に努めており、その他の骨折に関しても100症例を超えており、積極的な治療を行っています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 2.1 14.8 14.0% 77.0
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 22 9.5 21.0 22.7% 75.7
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 2.1 34.2 47.1% 64.4

当院の脳神経外科は脳梗塞、硬膜下血腫、くも膜下出血の治療に力を入れています。
当院で手術症例数1位の慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は約2㎜の穿孔で頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。
術後は症状が改善して早期に離床可能となります。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 26 1.7 5.7 0% 82.4
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 3.8 3.3 4.0% 76.7
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 17 2.3 18.3 5.9% 86.1

当院の泌尿器科は開腹手術に比べて簡便且つ身体的負担(侵襲)が少ないことが特長の経尿道的膀胱腫瘍切除術が症例件数として1番多いです。
また、経尿道的膀胱腫瘍切除術はクリニカルパスを使用することで在院日数の短縮に努めており、術後の平均日数も5.7日と少ない日数で退院されています

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 8 0.13%
異なる 21 0.35%
180010 敗血症 同一 15 0.25%
異なる 31 0.52%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02%
異なる 5 0.08%
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.12%
異なる 37 0.62%

医療の質の改善に質するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である上記4疾患について、入院契機病名の同一性の有無を比較して症例数と発症率を示しています。

更新履歴

平成28年9月28日
病院指標公開
診療科のご案内
内科
循環器科
泌尿器科
人工透析内科
外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
形成外科
眼科
放射線科
救急科
人工関節センター
健康診断

救急外来(夜間・休日診察)

受付時間のご案内

平日 午前 8:00~11:45
午後 1:00~4:00
土曜 午前 8:00~11:45

眼科

月~水 8:00~11:00
木~土 8:00~11:30

診療時間のご案内

平日 午前 8:45~
午後 2:00~
土曜 午前 8:45~

面会時間のご案内

平日 午後2:00〜8:00
土曜 午後2:00〜8:00
日・祝 午前11:00〜午後8:00
  • ※未就学児の面会はご遠慮願います。
  • ※面会時は必ずマスクの着用をお願いします。
  • 手術を受けられる方へ
  • お見舞いメール 
  • 東戸塚記念病院 看護部ホームページ
  • 国試対策ガイダンス
  • フォトギャラリー
受付時間・診察時間・面会時間のご案内
受付時間・診察時間・面会時間のご案内

医療法人財団 明理会「東戸塚記念病院」

244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町548-7  [TEL]045-825-2111(代)  [FAX]045-824-7626

© HIGASHI  TOTSUKA  MEMORIAL  HOSPITAL.  ALL  RIGHTS  RESERVED.