• 交通アクセス
  • 個人情報について
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ変更
    文字サイズ[標準]
    文字サイズ[大きく]

[電話]045-825-2111救急受付 救急患者さまは24時間受付

痙縮(けいしゅく)とは?

痙縮(けいしゅく)とは?

脳卒中の後遺症としてみられる運動障害の一つに痙縮(けいしゅく)という症状があります。痙縮とは、意思とは関係なく筋肉の緊張が高まり、手や足が勝手につっぱったり曲がってしまったりしてしまう状態のことです。痙縮では、主に以下のような症状が見られます。

  • 手の指が握ったままで開きづらい(清潔にしにくい)
  • 肘が曲がり伸びづらい(着替えなどしにくい)
  • 足の先が足の裏側の方へ曲がってしまう(歩くと痛い、装具がつけにくい)

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限されてしまう拘縮(こうしゅく)という状態に陥り、ご本人やご家族の日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮を治療することによりリハビリテーション(ストレッチ含む)がしやすくなります。


痙縮の治療の種類と方法

治療には主に次のような方法が一般的に用いられています。

実際、痙縮の程度や範囲、患者さんの希望などを考慮し、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて痙縮の治療を行います。

主な治療方法

  • 内服薬
  • ボツリヌス療法
  • 神経ブロック療法
  • 外科的療法
  • バクロフェン髄注療法

神奈川県における痙縮患者推計

神奈川県内で脳卒中を患われている患者数は約10万人。そのうち痙縮のある方が約4万人。
痙縮で治療が必要な方のうち、ボツリヌス療法を施行されたのはわずか3,000人で、残りの8割にあたる約1万人の方は、現在も日常生活に大きな支障をきたしたまま過ごされているものと推測されます。

診療科のご案内
内科
循環器科
泌尿器科
人工透析内科
外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
形成外科
眼科
放射線科
救急科
人工関節センター
健康診断

救急外来(夜間・休日診察)

受付時間のご案内

平日 午前 8:00~11:45
午後 1:00~4:00
土曜 午前 8:00~11:45

眼科

月~水 8:00~11:00
木~土 8:00~11:30

形成外科

月・火・木 午後 1:00~4:00

皮膚科

水・金 午後 1:00~4:00

診療時間のご案内

平日 午前 8:45~
午後 2:00~
土曜 午前 8:45~

面会時間のご案内

平日 午後2:00〜8:00
土曜 午後2:00〜8:00
日・祝 午前11:00〜午後8:00

HCU

平日・土日祝 午後2:00~午後4:00
  • ※未就学児の面会はご遠慮願います。
  • ※面会時は必ずマスクの着用をお願いします。
  • 手術を受けられる方へ
  • お見舞いメール 
  • 各種健診WEB予約
  • 東戸塚記念病院 看護部ホームページ
  • フォトギャラリー
受付時間・診察時間・面会時間のご案内
受付時間・診察時間・面会時間のご案内

医療法人財団 明理会「東戸塚記念病院」

244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町548-7  [TEL]045-825-2111(代)  [FAX]045-824-8817

© HIGASHI  TOTSUKA  MEMORIAL  HOSPITAL.  ALL  RIGHTS  RESERVED.